2019-02-15

「クロス・壁紙のコーナー保護材」に織物調が加わります !

💚 「クロス・壁紙のコーナー保護材」に織物調が加わります💚


   2019年3月1回に新登場
  
 「クロス・壁紙のコーナー保護材 織物調」

≪組合員さんから寄せられた声≫
企画されたのが「石目調」だけだったので、「織物調」の方も企画して欲しいです。
                                           (よどがわ生協 組合員さん)
 
 
〔このような商品です〕
 
傷付いたコーナーを簡単に目隠し! 汚れたり破れてしまったコーナーの補修に
 
両面テープ付 貼るだけ!
 
 
 
      💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜
◆商品情報◆
 
             ●約縦2.2×横2.2×高15cm(1個)
             ●約10g(1個)
             ●主材/硬質カバー:ABS樹脂、クロス:オレフィン・紙、
              両面テープ:PETフィルム・アクリル系粘着剤・両面剥
              離紙、粘着剤:ポリウレタン系
 
 

💚 企画予定 3月1回 新登場です💚

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



2019-02-08

お鍋以外でも色々使えるえのき茸!

暖冬傾向とはいえ寒さの厳しい折ですが、皆様いかがおすごしでしょうか。
寒い季節は温かい鍋料理がありがたいですが、かといって毎日鍋料理ともいきませんよね。
そこで今回は、お鍋の定番食材の一つで、ほぼ毎週企画されている「えのき茸」(200g前後)を使ったお料理をご紹介いたします。


■えのき茸のまめ知識

えのき茸の本格的な人工栽培は、昭和3年に、京都伏見の森本彦三郎氏が雑誌に発表した「簡単で有利ななめ茸の人工栽培」という記事を参考にして、長野県屋代中学校(現在の屋代高校)の生物教師、長谷川五作氏が「ビン」による人工栽培方法を開発し、松代町の農家に栽培を勧めたのが始まりとされています。
京都で生まれ、長野で育ったのがえのき茸の「ビン栽培」です。
生協では、生産の施設・工場点検を実施し、栽培管理を明らかにしています。

調理前の水洗いは、サッとする程度で充分です。また、根元の石づきの部分を切り落とせば、全部食べられます。えのき茸には、旨味成分のグルタミン酸や、ナイアシン・ビタミンB1・B2が比較的多く含まれています。

■えのき茸を使ったこんな料理はいかがでしょうか


●えのきのパリパリチーズ焼きサラダ

材料(2人分)
ナチュラルチーズ…40g ハーフベーコン…2
えのき茸…200g
まいたけ…60g パプリカ(赤・黄)…各1/8
オリーブ油…大さじ1
塩・胡椒…各少々 ベビーリーフ…適量

A)オリーブ油・酢…各大さじ3 塩…小さじ1/2 粗挽き黒胡椒…適量

①ベーコンは1㎝幅に切る。えのき茸は根元を落として6等分にほぐし、まいたけはほぐし、パプリカは薄切りにする。

②フライパンを熱してベーコンを入れ、カリカリになるまで炒めて取り出す。オリーブ油大さじ1/2をたし、まいたけを焼いて取り出す。

③フライパンに残りのオリーブ油を熱し、えのき茸を並べて塩、胡椒をふる。フライ返しで押さえながら焼き色がつくまで焼き、上下を返して焼く。チーズを等分にのせて上下を返し、チーズが固まるまで焼く。

④器にベビーリーフ、パプリカ、②、③を盛り、混ぜ合わせたをかけていただく。


えのき茸を使ったきのこのサラダです。
えのき茸のチーズ焼きはそれだけでもおつまみに使えそうですね。


●常備菜なめたけ

材料(作りやすい分量)
えのき茸…約300g
A)しょうゆ・みりん・酒…各大さじ6
砂糖…大さじ11/2 酢…小さじ11/2

①えのき茸は根元を切って食べやすい長さに切る。

②鍋にを煮立てて①を加え、全体にとろみがつくまで煮る。

瓶詰でおなじみの「なめ茸」がお家で作れます。
自家製なら自分の好みの味に調整できるのも良いですね。
作りやすい分量が300gとなっているので、あまったえのきで下のようなスープを作っても。


●にらとえのきのスープ

材料(2人分)
にら…30g えのき茸…50g 塩・胡椒…各少々
A)水…2カップ 顆粒鶏がらスープの素…小さじ1

①にらは長さ2cmに切る。えのき茸は長さ2cmに切ってほぐす。

②鍋にAを入れ、火にかけて煮立てる。①を加えて煮、塩・胡椒で調味する。

えのき茸やにらがちょっとずつ残った時にも便利なスープです。
たまごを入れても良いですね。


●牛肉とえのきの甘辛煮

材料(2人分)
牛うすぎり(モモ)200g えのき茸…100g
人参…1/3
にんにく…1片 油…大さじ1
青ねぎ(小口切)…適宜
A)しょうゆ…小さじ1/2 胡椒…少々
B)水…1/2カップ 酒・しょうゆ…各大さじ2
  みりん…大さじ1 鶏がらスープの素・胡椒…各少々

①牛肉は半解凍して食べやすく切り、で下味をつける。えのき茸は食べやすくさき、人参は細切り、にんにくは薄切りにする。

②フライパンに油を熱し、牛肉、にんにく、人参、えのき茸を順に加えて炒める。を加えて汁気が少なくなるまで煮る。

③器に盛り、青ねぎの小口切りを散らす。

こちらはメインにもなるおかずです。
多い目に作ってお弁当のおかずにも使いまわせそうですね。

この様に色々な料理のも使える「えのき茸」(200g前後)ほぼ毎週企画されていますので、ぜひ一度ご利用ください。

2019-02-07

☆アンケートつうしんぼ(2019年1月集計各種モニター結果)


<目次>
*表の中の商品・テーマをクリックすると「アンケート結果のダイジェスト版」が見られます。


実施月
種別
商品・テーマ
回答数
1
201812
WEB
295
生協の宅配ではなく他のスーパー等で購入される理由として、主に2点「他の店の方が安いから、セールをしていたから」「必要なときにすぐ欲しかったから、量販は欲しいときにあるから」が挙げられました。その背景として、2点の仮説を考えました。1点目は宅配と他のスーパーではトップNBや他PB間で容量や価格やスペック等にほぼ差がなく、セールが購買動機になるため。2点目は組合員さんの利用頻度と容量があっておらず、足りなくなれば待たないといけない宅配よりスーパーの方が便利なため。
よって、月①サイクルでも途中で足りなくならないよう容量を増やすこと(またはバンドル)を提案します。そうすれば、上記2点の購入しない理由をカバーし、組合員さんの望む割安さも叶うのではないでしょうか。
2
201812
WEB
143
米菓を食べる頻度が減った理由として、主に3点「ダイエット」「味が濃い(味が濃く感じるようになった)」「ゆっくり菓子を食べる時間がない」が挙げられました。背景として前者2点については「健康を意識するようになり、ダイエットのため控えている」「健康のために塩分を控えている。味覚の変化」等が考えられます。
よって、例えば、噛み応えがあり満腹感が得られる、香ばしさがあり減塩が気にならない、お腹で膨らむおから入り…等の商品があれば、健康志向の高い組合員さんにも食べていただけるのではないでしょうか。
3
201812
WEB
68
生協宅配でおすすめしている「おでんセット」は、単品ごとにそろえるよりもお得であったり、多種多様な具材を楽しめる点が支持されていることがわかりました。その「おでんセット」を選ぶ時には、練り物の質、具材の種類数、割安感、が重視されており、一方で、色合いについては重視していないことがわかりました。
「調理済おでん」は今回の回答者は利用頻度が低いのですが、アップトレンドの商品ですので、一定の規模拡大をしていくと良いと思います。
4
201812
WEB
105
アンケート結果と利用動向分析結果より、「酢豚」を利用することは、同時に野菜も沢山美味しく食べられることが満足感につながっているのではないかと推測しました。現状のコープきんき開発商品は、他商品に比べてタレの量が少ないことと、やや甘めの味わいになっていますので、アンケート結果を参考に見直しを進めていきます。
5
201812
WEB
59
うなぎは近年の大幅な価格高騰により、普段はもとより、土用の丑の日でも利用されにくくなっています。
しかし、コープきんき宅配では、年間通じてうなぎ商品を展開していますので、比較的ご利用の多い組合員さんが多いことがわかりました。現状の商品は、美味しく召し上がっていただくために、湯せんやフライパン調理が必要なものが多いですが、もっと簡便にレンジ調理ができる形態等についても検討を進めていくほか、お買得価格の実現と、普段使いできるうなぎを使った商品の開発を検討してきたいと思います。
6
201812
WEB
73
テリヤキミートボールのお気に入りの点:① お弁当にピッタリ71.2% 子育て、ファミリー層で支持②タレが美味しい 65.8% シニア層で支持が高いですが、ファミリー子育てにも支持されています。③「いつもおトク」価格が良い 47.9% ファミリー子育てより、シニアシルバーの意見割合が高い傾向です。
リニュアルポイント上位3つ:①お肉を国産原料に変更する 65.7% 子育て・ファミリー層を中心に支持②塩分をコントロールした商品に変更する 20.0% シニア・シルバー層中心③その他 15.7%。Q10でよくない点のアンケートでも お肉が国産でないの声が一定高く、国産化の要望があります。イシイがチキン原料で国産産地の打ち出しもあることも影響していると思われます。
利用形態については、お弁当のおかずが圧倒的に多く、子ども向けのお弁当のおかずの定番として浸透しています。
リニュアル後の即食可について。①温めずに食べられることを知らず、温めて利用している。46.6% ファミリー層では過半数を超える人が知らない状況です。リニュアル以後知って即食している人は18%となっています。
甘酢肉団子を購入する頻度。71%はほとんど購入しない。近畿エリア消費者購買履歴データでもミートボール内での金額構成比は14.3%で高くないが、金額前年比では伸長しています。
7
20191
会場
35
冷凍カット豆腐、冷凍きざみうす揚げともに「現行品」と「比較品」を試食していただく比較調査でしたが、総合評価では「冷凍カット豆腐」は「比較品」が5点満点の「4.5」と「現行品」の「3.8」と比べて高い評価を得ています。「冷凍きざみうす揚げ」は逆に「現行品」が「4.0」と「比較品」の「3.6」よりも高い評価となっています。
「冷凍カット豆腐」は他の評価でもほとんどの項目で「比較品」の方が「現行品」と比べて高い評価となっており、改善の方向性としては良いのではないかと思われます。ただコメント欄を見ると「500gは量が多すぎる」という声が複数見られますので、少量規格を検討してもいいかもしれません。
「冷凍きざみうす揚げ」は逆に他の項目も「現行品」の方が「比較品」に比べて高評価となっており、コメント欄を見ると「比較品の方がかたい、口に残る」「パサパサしている」という声が複数見られるため、こちらの方がもう少し検討が必要かも知れません。
8
20191
会場
35
総合評価で5点満点の「4.0」と高い評価をいただく事ができました。購入意向もボリュームゾーンのファミリー層の購入意向が高めとなっています。その他の個別の評価でも良い評価をいただく事ができました。コメント欄では、本来価格の高い「ゆめぴりか」がブレンド米になることによって価格的には買いやすくなって良いという声が複数ありました。またいきなり5㎏は量が多いということで、お試し用に「2㎏」「1㎏」の少量規格を望む声が複数見られました。ネーミングについてはあまり一般的ではない用語から取られているという事で、分かりにくいという声もあり、紙面での説明等が必要かもしれません。
9
20191
会場
35
「I:リニューアル品」と「M:現行品」の比較調査を行いました。「全体的な味のバランス」では5点満点で「I:リニューアル品」が「4.1」、「M:現行品」が「3.1」と「I:リニューアル品」の方が評価が高くなりました。「どちらが好みか」でも、「I:リニューアル品」が82.9%と「M:現行品」を大きく引き離しており、他の個別の評価でもほとんどの評価で「I:リニューアル品」の評価が高いことから、リニューアルとしては成功ではないかと思われます。「タレの量」についても「I:リニューアル品」はちょうど良いが7割超となっています。ただやや「少ない」方に偏りがでている事から、醤油辛さを調整してもう少し量が多くなってもいいかもしれません。
10
20191
持帰
39
着脱簡単掛・敷布団カバー、ノーアイロン掛・敷布団カバー共に総合評価では5点満点で、惜しくも4点台には届かなかったものの、良い評価をいただく事ができました。また、どちらのカバーも全体的に良い評価をいただく事ができています。コメント欄を見ると「生地の薄さ」や「色が白」なのを気にするお声が複数見られました。ただ「生地の薄さ」については、「洗濯後乾きやすくて良い」というお声も複数見られましたので、必ずしもマイナス点ばかりではないようです。「色柄」についてはお好みもあるでしょうか、「白では味気ない」と感じる方も多い様で、何色かバリエーションがあると良いかもしれません。
11
20191
持帰
39
総合評価で「良い」又は「やや良い」と答えた方が合わせて97.4%と大変良い評価をいただく事ができました。他の項目についてもほとんどが8割以上の方が「良い」又は「やや良い」とお答えになるなど、高い評価をいただいています。保湿感についてもとても高い評価をいただいていますが、ジェルというよりはクリームと感じるほど濃厚なためか、テクスチャーが重いと感じる方が複数見られ、そのためなじむまではややべたつくと感じた方もいらっしゃったようです。
12
20191
持帰
20
「ソックスタイプ」「フットカバータイプ」共に5点満点で「3.2」となりました。コメント欄を見ると「真冬にはこれでは足りない」という声も多く、春先や秋口、夏の冷房対策で試していただれば、もう少し評価が高くなったのではないかと惜しまれます。また、ストッキング部分の色を気にされる方が多く、もう少し薄い色や黒などの色のバリエーションがあれば良いのかもしれません。
13
20191
持帰
19
N」「F」「G」の3種の洗剤を実際に使って比較していただきました。その結果総合評価では「N」が良いという方が57.9%とトップとなっています。「F」と「G」についてはそれぞれ15・8%と全く同じとなっています。魅力的に感じる商品の特徴では「食品に使われている成分のみで安心して使える」「二度拭きが不要」という点がもっとも魅力的に感じられる要素となっているのがわかります。その他の評価についても、「汚れの落ち具合」「洗剤残り」「肌への刺激」で「すべてが良い」又は「すべて気にならない」「すべて感じない」がトップとなっており、3種類ともそれほど使用感に大きな差はないようです。
14
20191
持帰
40
冷蔵保存も冷凍保存も、総合評価で5点満点の「4.6」と大変良い評価といただく事ができました。その他の評価でも冷蔵・冷凍ともに軒並み4点台ととても高い評価といただいています。「1袋の量」については年代が高い程やや「少ない」と感じている方が多く、冷凍保存が出来ることからもう少し量が多めのものがあっても良いかもしれません。コメント欄を見ると冷凍保存に対してポジティブな意見が多く見られ、長期保存ができ、使いたい時に使いたいだけ少量使える点に魅力を感じている事が伺えます。えのきといえば「お鍋」のイメージの方が多く、「鍋料理」に使うと小さすぎて使いづらいという方が複数いらっしゃいました。お鍋以外の現在のカットサイズで使いやすいレシピを積極的に紹介していくと良いかもしれません。