2023-01-13

2月に新登場するコープきんきエリア開発商品のご紹介です。

22回新登場のコープきんきエリア開発商品です

国産しらすのやわらか煮

75g 通常本体価格:298(税込:322)

賞味期間:90

 

しらすを昆布としょうがで甘辛に

 

・国産しらすにしょうが、昆布、削り節を加えてやわらかく炊き上げごまを加えました。

・甘辛く煮付けてごはんとの相性◎

 

表示アレルギー物質

ごま,さば,大豆,小麦,

本製品で使用しているいわし類の稚魚は、えび・かにが混ざる漁法で採取しています。


2023-01-06

☆アンケートつうしんぼ(2022年12月集計各種モニター結果)

 

<目次>

*表の中の商品・テーマをクリックすると「アンケート結果のダイジェスト版」が見られます。 

■実施月:202211

■商品・テーマ:チルドハンバーグ

■種別:WEB  ■回答数:230

「チルドハンバーグを利用しない理由は」では、「美味しくない」「価格が高い」が上位に来ています。一方「チルドハンバーグを利用する理由」では、「時短が出来る」「調理が簡単」が上位に来ています。

「ふだんどのようなハンバーグを食べていますか」では、「手作り」が74.8%でトップ、次いで「チルド」の50%となっています。

「新規導入・開発の場合どのようなチルドハンバーグを食べたいか」では、フレーバーは「デミグラスソース」お肉は「牛&豚主体」で、ソースの量は「普通~多め」、1個のボリュームは「普通~大きめ」という方が多くなっています。

■実施月:202211

■商品・テーマ:キムチ・酢の物ベースなど

■種別:WEB  ■回答数:257

「酢の物ベース」と「白あえベース」の購入の際のポイントはどちらも「手軽に1品が完成する」がトップ、次いで「混ぜるだけで完成する」となっています。時短で手軽に1品が出来るところが好まれているようです。

「まろやかキムチ」の方は、「価格が手ごろだから」がトップで56.6%、次いで「程よい辛味だから」が34.3%となっています。

「酢の物ベース」と「白あえベース」の量目については、「ちょうどよい」という方も多いのですが、年代によって、「やや多い」「やや少ない」と感じる方もいらっしゃるようです。

「まろやかキムチ」については、価格と量目がちょうど良いと思っておられる方が多いようで、値上げも量目減も最低限を望む方が多くなりましたが、他の選択肢との差は僅差となっています。

■実施月:202211

■商品・テーマ:炭酸水

■種別:WEB  ■回答数:690

「炭酸水を飲むのは」では、「ご自身」が最も多く92.9%、次いで「配偶者」の52.3%となっています。

「主な購入先」では、「生協」が74.9%、次いで「決まっていない」の9.7%となっています。

「前問で選んだ購入先で購入する理由」では、「宅配してくれる」がトップで73.7%、やはりこういう重くなりがちな商品は生協の宅配が強いようです。次いで「価格が安い」の46.7%となっています。

「炭酸水を飲むのはいつですか」では、「お風呂上り」がトップで54%、次いで「夜ごはんのとき」の43.6%となっています。

■実施月:202211

■商品・テーマ:乳幼児食のコマリごと

■種別:WEB  ■回答数:361

「離乳食での困りごと」では、「作るのが面倒」がトップで69.5%、次いで「少しずつ作るのが大変」の59%となっています。コメントでも「ブレンダーなどでつぶすのが面倒」「薄味の味付けが大変」「やわらかくするのが面倒」などのお声が見受けられました。

一方「幼児食での困りごと」では、「献立を考えるのが大変」がトップで61.8%、次いで「毎食作るのが大変」の54%となっています。こちらもコメントでは「ワンパターンになる」「離乳食から幼児食への移行期の市販品が少ない」などのお声が見受けられました。

「にこにこほっぺで今後取り扱ってほしいもの」では「ナゲットのような『冷凍のおかず」」がトップで61.8%、次いで「『うらごしシリーズ』を増やしてほしい」「すぐ食べられるレトルトパウチのお惣菜(常温品)を増やしてほしい」の51.5%となっています。

■実施月:202211

■商品・テーマ:キッチン用のポリ袋

■種別:WEB  ■回答数:513

「キッチン用のポリ袋使用していますか」では「使用している」がトップで80.7%、次いで「使用していない」の18.1%となっています。回答者の8割が「キッチン用のポリ袋」をご利用になっています。

「キッチン用のポリ袋をどのようなシーンで利用するか」では「食材の保存」がトップで88.6%、次いで「食材の下味つけ」の66.7%となっています。

「キッチン用のポリ袋を購入する際に重視することは」では、「価格の安さ」がトップで65%、次いで「日本製であること」の35%となっています。やはり基本的に使い捨てにすることが多い「キッチン用のポリ袋」だけに価格重視の方が多くなっています。

■実施月:202211

■商品・テーマ:片手鍋・両手鍋

■種別:WEB  ■回答数:263

「強くてこびりつきにくいシリーズの鍋の利用は」では、「利用したことがない」がトップで92.8%、次いで「片手鍋を購入」の4.2%となりました。お鍋は一度購入すると長く使われる方も多いので、残念ながら利用したことがない方が大部分となりました。

「強くてこびりつきにくいシリーズを購入の方、その理由は」では、「大きさが合った」がトップで78.9%、次いで「値段が気に入った」の52.6%となっています。大きさについては後の設問でも「大きさや深さ」は今のままでよいという方が多いところからも伺えます。

「ガスのみ使用可能」という点については、すでに購入されている方なので、「ガスだけでよい」が63.2%となっていますが、「IHが使えるようにしてほしい」も36.8%おられ、出来れば「ガス」「IH」両方対応の方が良いのかもしれません。

■実施月:202211

■商品・テーマ:冬の光熱費

■種別:WEB  ■回答数:223

「電気・ガスなどの値上げによる負担が増えたと感じますか」では、「負担が増えたと感じる」が87%でトップ、次いで「感じない」の11.7%となっています。近畿地方は電気代の値上げに関しては他地方に比べるとまだマシな方ではありますが、それでも負担が増えていないわけではなく、ガス代のこともあり、やはり負担が増えたと感じている方がほとんどとなっています。

各光熱費の節約で「行っていること」「行いたいこと」では、上位はどちらもほぼ同じ内容で「使い過ぎないように気を付ける」的な内容が多くなっていますが、中には「出来ることはみんなやっていて、これ以上どうすればいいのか」というお声も見られました。

2022-12-12

☆アンケートつうしんぼ(2022年11月集計各種モニター結果)

 

<目次>

*表の中の商品・テーマをクリックすると「アンケート結果のダイジェスト版」が見られます。

 

■実施月:202210

■商品・テーマ:南国元気鶏ぷりぷりやきとり

■種別:WEB  ■回答数:81

「味付けの濃さ」では、「ちょうどよい」が72.8%とトップ、次いで「甘すぎる」の8.6%となっており、概ね味付けの濃さとしては利用者の方に「ちょうどよい」と受け入れていただけているようです。

「お肉とたれのバランス」では、こちらも「ちょうどよい」が45.7%でトップですが、次いで「肉を多くしてほしい」が34.6%となっており、もう少しお肉を増やしてボリューム感をアップしてほしいと感じている方もいらっしゃるようです。

これは「1袋(1食分)のボリュームは」で、「少ない」が59.3%でトップに来ていることからもわかります。

■実施月:202210

■商品・テーマ:テーブルロールパン

■種別:WEB  ■回答数:274

COOPバターロール」の仕様変更の件では、「利用する」がトップで41.8%、次いで「わからない」が35.9%となっております。「利用しない」という方は、22.3%ですが、理由を伺うと「5個入りでは家族の人数や子供の人数と数が合わない」という方が多く、他に「子供は大きさよりも数が重要なので大きくなっても1個より2個欲しがる」や「奇数個では割り切れないので困る」というお声も見られました。

■実施月:202210

■商品・テーマ:プラントベースフード

■種別:WEB  ■回答数:188

「プラントベースフードという言葉をご存じですか」では、「大豆ミート」なら知っているが53.2%、次いで「知っている」の35.6%となっています。「大豆ミートなら」と「知っている」をあわせると9割近くの方がご存じということで、思った以上に認知度があるようです。

「プラントベースフード商品の利用は」では、「関心があり利用したことがある」がトップで54.3%、次いで「関心があるが利用したことがない」の25.5%となっています。認知度は高いものの実際に利用したことがる方は5割強の様です。

「プラントベースフードを食べてみたいと思った理由」では「健康に良さそうだから」が83.3%でトップ、次いで「環境に優しいから」の29.4%となっています。

■実施月:202210

■商品・テーマ:値上げで大変!?その後、くらしはどんな状況ですか?

■種別:WEB  ■回答数:132

「食品の値上げについて家計への影響が大きいと思われる品目は」では、「パン類」がトップで50.8%、次いで「油」の43.2%と、値上げの幅が大きめの品目が上位にきているようです。

「値上げを受けて購入をやめたもの」では、「無回答」がトップで28.8%、次いで「菓子」の18.2%となっています。値上げ続きとはいえ、なかなか購入をやめるというところまではいかないのが実情のようです。

「値上げに対しての家庭での対処法は」では、「使う頻度を下げる」「価格がより安い商品に替える」がトップでそれぞれ41.7%、次いで「使う量を控えている」の28.9%となっています。

■実施月:202210

■商品・テーマ:秋冬パジャマ

■種別:WEB  ■回答数:496

「パジャマやルームウェアの主な購入先」では、婦人物・紳士物ともに「生協」や「イオンなどの量販店」が上位に来ています。

「秋冬用のパジャマやルームウェアを購入する際重視する点」では、婦人物も紳士物も「素材」「価格」が上位に来ていますが、3位は婦人物は「暖かさ」、紳士物では「デザイン・色柄」となっています。お好みの色柄については、婦人物・紳士物ともに「無地」がトップとなっています。

■実施月:202210

■商品・テーマ:浴室用品

■種別:WEB  ■回答数:406

「入浴の際に湯船に浸かる時間は」では、「5分以上10分未満」が最も多く47.3%、次いで「10分以上20分未満」の25.6%となっており、「5分未満」という方も13.9%おられ、入浴時間の短い時間の方が多いようです。特に子供さんと一緒に入ることが多い年代の方はご自分がゆっくりと湯船に浸かるというのは難しいようです。

「お風呂の中で使用しているものは」では、「スマホ、タブレット、テレビ、本は使用していない」が最も多く65.5%、次いで「スマホ」の14.3%となっています。湯船に浸かる時間があまり長くない方が多いというのもお風呂にスマホなどを持ち込まない方が多い理由のひとつかも知れません。

■実施月:202210

■商品・テーマ:シャンプー

■種別:WEB  ■回答数:420

「よく購入するシャンプーの本体ボトルの価格」は、「600円未満」がトップで18.6% 次いで1,000円以上1,500円未満の13.6%となっています。3番目には「本体ボトルは購入しない」が16.7%となっており、かなり分散している印象です。

「よく購入するシャンプーのつめかえ用の価格」では、「700円以上、1,000円未満」がトップで18.8%、次いで「1,000円以上1,500円未満」が13.6%で2位となっています。

「シャンプーに期待する仕上がり」では、「地肌を健やかに保つ」がトップで20.5%、次いで「髪がまとまる」の19.3%となっています。

■実施月:202210

■商品・テーマ:美白系化粧水

■種別:WEB  ■回答数:241

「普段のスキンケアにつかうもの」では、「化粧水」が90%でトップ、次いで「乳液」の58.1%となっています。「現在使っている化粧水について最も近いものは」では、「気に入ったものを使っていて、今後も使い続ける予定」がトップで43.2%、次いで「今はいろいろ試しているが気に入ったものが見つかれば使い続けたい」の37.3%となっており、化粧品については保守的な方が多く、一度「気にいった」「肌に合う」ものが見つかった場合、そのまま使い続けたい方が多いようです。

 

2022-11-11

12月に新登場・リニューアル新登場するコープきんきエリア開発商品のご紹介です。

122回新登場のコープきんきエリア開発商品です

レンジで男爵コロッケ

400g(8) 通常本体価格:398(税込:430)

賞味期間:1

 

レンジで簡単 ほっくり甘めの関西風

 

・中種は甘めの味付け、衣は食感が軽やかな男爵コロッケです。

・じゃがいもは北海道産を使用しています。

・おかずでも、パンやバンズに挟んでスナック感覚でもおいしく食べていただけます。

 

表示アレルギー物質

大豆,小麦,,牛肉,

かにを原料にした製品と同じ工程で作られています。


2022-11-09

☆アンケートつうしんぼ(2022年10月集計各種モニター結果)

 

<目次>

*表の中の商品・テーマをクリックすると「アンケート結果のダイジェスト版」が見られます。 

■実施月:20229

■商品・テーマ:殻むき簡単ブラックタイガー

■種別:WEB  ■回答数:136

現在のような便利な商品の配置を続けるべきだと思うかでは、「思う」が67.7%でトップ、次いで「どちらでもない」の22.6%となっています。「産地1回凍結」「バラ凍結」「殻むき簡単」の美味しさや利便性と実感している方も多く、価格との兼ね合いもあるでしょうが、できれば維持して欲しいという方が過半数となっています。

また「粗放養殖」に関しては知らないという方が過半数を超えており、「言葉は知っているが意味は知らない」という方と合わせると8割以上となっており、環境配慮を謳ってはいるものの購入する方の多くは、その点にはあまり興味を持ってはいないのではないかということが伺えます。

■実施月:20229

■商品・テーマ:少量惣菜

■種別:WEB  ■回答数:485

「少量惣菜を購入する際のポイント」では、「日持ちがすること」が73.6%でトップ、次いで「価格と量のバランスが良い」の61.2%となっています。ある程度日持ちがすることと、コストパフォーマンスの良さを重視している方が多くなっています。

「お気に入りのメニュー」では、「黒豆少量パック80g」がトップで35.7%、次いで「竹の子土佐煮90g」の33.4%となっています。他の商品を見ても、少量では作りにくい煮豆などのメニューが多くなっています。

「ここ1年での少量惣菜の利用に変化は」では、「変わらない」が63.9%でトップ、次いで「増えた」の24.9%となっています。「増えた」方は、コロナ禍で自宅での食事が増えたことや、家庭環境の変化で利用が増えた方が多いようです。

■実施月:20229

■商品・テーマ:グミ

■種別:WEB  ■回答数:684

「グミを購入する時に気を付けていること」では、「チャックシール付の袋」が42.9%でトップ、次いで「食感がかためのもの」の40.2%となっています。個包装でないものも多いので、チャックシール付きの袋かどうかというのを気にしておられる方が多いようです。

「グミに栄養素が入っていると嬉しいですか」では、「嬉しい」がトップで43.2%、次いで「やや嬉しい」の33.2%となっており、両方を合わせると76.4%の方が「嬉しい/やや嬉しい」とお考えです。

「グミを購入する方、その理由は」では、「子供が好きだから」が72.2%でトップ、次いで「食感が好きだから」の14.7%となっています。

「コロナ禍でグミを食べる量は増えましたか」では、「変わらない」が83.2%でトップ、次いで「増えた」が15.2%となっています。「増えた」理由では「子供が好きだから」「おうち時間が増えたから」が多くなっており、特に子供さんに関してはYouTubeSNSなどで情報を知って欲しがるというケースも多いようです。

■実施月:20229

■商品・テーマ:お盆の過ごし方

■種別:WEB  ■回答数:434

コロナ禍が続いていることもあり、今年のお盆期間中も「ほぼ自宅で過ごした」という方が75.6%と多くなっています。それにともない「今年のお盆の夕食」についても「自宅で料理して食事した」方が78.8%と8割近くになっています。お盆に準備したものでは、「飲料水」「お魚」「冷凍食品類」などが主な購入先に生協がトップとなっています。重くかさばる物が多い印象です。

■実施月:20229

■商品・テーマ:洗濯ネット、リサイクル原料使用の食器

■種別:WEB  ■回答数:270

「洗濯ネットを購入する際重視するポイント」では、「サイズ」が80.7%でトップ、次いで「形(丸型・角型など)」の65.9%となっています。

「お持ちの洗濯ネットの形状」では、「目が細かい角型タイプ」がトップで77%、次いで「目の細かい丸型タイプ」が72.2%となっています。目が粗いタイプよりも目の細かいタイプを好まれる方が、「角型」「丸型」に関わらず多いようです。

「洗濯ネットで困っていること」では、「ファスナーが壊れてしまう」がトップで54.8%、次いで「洗濯中にファスナーが開く」の37%となっています。どちらもファスナーがらみで、毎日のように開け閉めする関係でファスナー関係のトラブルが多いようです。

「再生原料使用の食器を使う理由は」では、「手ごろな価格だから」がトップで45.2%、次いで「環境に配慮されているから」「色・デザインが気に入ったから」が41.9%で同率2位となっています。

「使っている再生原料使用の食器の再生原料の種類は」では、「再生プラスチック」がトップで64.5%、次いで「竹繊維」の35.5%となっています。

再生原料についてはピンとこない方も多かったようで、一番最初にもう少し詳しく説明した方が良かったかもしれません。

■実施月:20229

■商品・テーマ:化粧品(ファンデーション)

■種別:WEB  ■回答数:300

「コロナ感染拡大以降に使用するファンデーションのタイプの変更は」では、「変えていない」が75.7%、「変えた」が24.3%となっています。コロナ禍でもあまり積極的にファンデーションのタイプを変更した方は少ないようです。

「コロナ感染拡大以降よく使っているファンデーションのタイプ」では、「パウダーファンデーション」が42.3%でトップ、次いで「BBファンデーション」の39.7%となっています。

「お使いのファンデーションの理由」では、「価格が手ごろ」が49%でトップ、次いで「つけ心地が軽い」の39%となっています。

「ファンデーションを使用しなくなった理由」では、「マスクをつけるから」がトップで50%、次いで「その他」の20%となっています。やはりマスクをつけることで顔が見える部分が減るからというのは、使用されなくなった方には理由として大きいのかもしれません。

■実施月:20229

■商品・テーマ:あなたのご意見おきかせください(宅配カタログ)

■種別:WEB  ■回答数:246

「生協宅配のカタログの「化粧品売場(ページ)を見たことは」では、「ほとんど見ない」が32.5%でトップ、次いで「ときどき見る」の31.2%となっています。直近半年間に化粧品の利用のない方に配信しましたが、意外に「ときどき見る」「毎週見る」という方が多いです。

「生協のチラシの化粧品売場(ページ)を見ない理由」では、「化粧品は決まったところで買っている」がトップで、50.9%、次いで「欲しい化粧品がない」の20.7%となっています。お肌に合う合わないなどもあり、化粧品には関しては保守的で「これと決めたもの」しか基本買わないという方も多いのではと思われます。